人気の街さいたま新都心の注文住宅

さいたま新都心は人気溢れるこれからの街です。魅力的な注文住宅が建ち並ぶことにより、新たな街並みが形成されます。地域の中で始めて住宅を建てる場合は、街並みに対する責任が生じます。自らが率先して魅力的な住宅を建てることで、街並み自体を変えていくことができます。どんな街並みにするかは、行政当局により、ある程度の計画がされています。行政の計画は、地区計画などの条例となって現れることがあり、住民を含めた決定事項は、建築協定などの形で強制力を持つこともあります。住宅を建てる場合は、その地域がどのような街並みになるかを、予想することが大切です。街並みが将来どうなるかを予想するには、用途地域を調べることが効果的です。第一種低層住居専用地域などのように、主に低層の住宅が建てられる地域は、環境の良い住宅地となることが予想されます。

敷地を効果的に使う住宅の建て方

さいたま新都心に建つ注文住宅は、敷地を効果的に使うことが求められます。敷地に余裕がない土地に住宅を建てる場合は、敷地利用の優先順位を付けることが大切です。当面、クルマの利用がない場合でも、駐車スペースは確保しておくことが望まれます。駐車ペースの有無は、その不動産の資産価値に影響します。敷地が小さいために、駐車スペースの確保が難しい場合は、ピロティーによる解決も可能です。敷地を効果的に利用するには、3階建てが効果的な場合もあります。木造で3階建てにする場合は、一定の防火基準を満たさなければならないなど、2階建ての場合よりも規制が厳しくなります。規制緩和により、木造3階建ては以前よりも建てやすくなっています。敷地が狭い場合は2階建てだけでなく、3階建てを選択肢に入れることで、計画の幅が大きく広がります。

新たな街並みでも通用する工法の選び方

さいたま新都心で注文住宅を建てる場合は、構造を選ぶことが求められます。郊外の余裕のある敷地と異なり、狭い敷地の場合は、必ずしも木造が適しているとは限りません。狭い敷地が密集する地域では、鉄筋コンクリート造も選択肢に入ります。鉄筋コンクリート造を街の中につくることによる利点は、音や振動を通さないことです。都市部でクルマの騒音を中心とした都市環境の音や振動が、安心できる生活を乱してしまいます。鉄筋コンクリート造の住宅は、そのような都市部の劣悪な環境の中でも、快適な生活をすることができます。鉄筋コンクリート造は構造計算がされているので、地震に対しても安全です。耐火構造なので火災の延焼にも強いため、都市部で適した構造です。建設費は割高になりますが、都市部で安心できる生活環境をつくることができます。